スポンサーリンク

時代小説を読むときのメモ

江戸時代の時間

日の出30分前を「明け六つ」、日没30分後を「暮れ六つ」とし、それを6等分にしたものが一刻。そのため一刻は季節によって変わる。

一刻は、冬至では1時間50分、夏至では2時間40分となる。

半刻は一刻の半分。

八相の構え

時代劇で、暴れん坊将軍とかが良くやる構え、野球のバッティングフォームのような形

距離

1里 = 約4Km = 36町

1町 = 約110m = 60間

1間 = 約1.8m(ふすま2枚分)

長さ

1丈 = 約3m = 10尺

1尺 = 約30cm = 10寸

1寸 = 約3cm

場所

長州:山口県西部

土佐:高知県

タイトルとURLをコピーしました