Gitコマンド

基本コマンド

ローカルリポジトリ作成
git init
管理対象に追加
git add 

変更のあったもの、全てを登録する場合は、「git add .」
コミット
git commit

コミットの取り消し
git reset --soft HEAD^
ワークディレクトリの内容も書き換え、前回のコミット後に戻す場合「--hard」とする
ローカルの変更を元に戻す
git checkout ファイル名

すべて元に戻す場合
 git checkout .
ログを表示
git log
リモートリポジトリへプッシュ
git push origin master
差分確認
git diff ブランチ名
差分のあるファイル名だけ表示する場合は、「--name-only」オプションをつける

ブランチ操作

ブランチ確認
git branch
ブランチの状態を確認
git status
ブランチの移動
git checkout ブランチ名
ブランチの作成
git checkout -b ブランチ名

ブランチの移動に「-b」オプションをつけることで、
新しくブランチを作成して移動する。
ブランチのマージ
git merge --no-ff 取り込みたいブランチ名

取り込み先のブランチに移動してから行う。
--no-ffオプションをつけることでマージも1回のコミットとして扱われる。
差分比較やマージを戻すときに必要になる。

リモートリポジトリ系

リモートリポジトリ設定
git remote add origin https://github.com/XXXXXX
リモートリポジトリ確認
git remote -v
リモートリポジトリから最新情報を取得
git fetch
リモートブランチ確認
git branch -a
ローカルのブランチも∂。リモートだけなら-r
リモートブランチとローカルブランチの紐づけ
git branch master origin/master
リモートリポジトリからpull
git pull origin master