スポンサーリンク

アイデアを出すときの思考法

中沢 剛 (著) アイデアのスイッチ! 誰でも「ひらめき」が生まれる4ステップ思考法 より

フラグを立てる

まずは、課題を設定します。

ポイントは、「~したいのにできていない」という文章で課題設定することです。

(例)
もうすぐテストで勉強したいのにできていない。

ネガだし

言い訳、不満を探す。

できていない理由、言い訳を探します。

(例)
どうしてもテレビを見てしまう。
部活が忙しい。

ネガポジ返還

先ほど出したネガティブをポジティブに言い換えてみます。

言い換え方は2つあり、「~ない(ある)⇒~ある(ない)」「~ても大丈夫」です。

(例)
テレビを見てしまう
⇒テレビを見てしまわない。
⇒テレビを見てしまっても大丈夫。

部活が忙しい
⇒部活は忙しくない。
⇒部活が忙しくても大丈夫。

問いかけ

ここでアイデアをだします。

ネガポジ変換したことに対して「~とはどういうこと?」「どうすれば~になる?」と問いかけます。

(例)
テレビを見てしまわないとはどういうこと?
⇒この際テレビは捨てる。

どうすればテレビを見てしまっても大丈夫?
⇒テレビを見ながら勉強する新しい勉強法を開発する。

部活が忙しくないとはどういうこと?
⇒顧問に相談してテスト期間中は練習を軽めにしてもらう。

部活が忙しくても大丈夫とはどういうこと?
⇒短い時間で効率よく勉強できる方法を探す。

ここでアイデアが出なくなってきたら、ようやくアイデアカードの登場です。問いかけを紙に書いて、アイデアカードを引いてみましょう。

アイデアカード │ はずけい
タイトルとURLをコピーしました