決算を見る

【決算確認】東急建設、22年3月期

東急建設(1720)の22年3月期決算を四半期ごとに確認します。

業績予想

評価:

2021年5月12日、今期の業績予想が発表されました。

最終利益は、前期の26億円から48億円に回復するもののコロナ前の水準からみるとまだだいぶ低いです。

しかし配当は40円と発表され、これはコロナ前の水準から見ても高いです。

同時に発表された株主還元方針の見直しによると、下記のように変更になったようです。

変更前:配当性向20%目安
変更後:ROE10%以上と連結配当性向 40%以上とが均衡した自己資本配当率(DOE)4.0%以上

要はDOE(1株あたり配当÷一株あたり自己資本)が4%以上になるように配当をだすようです。

2021年3月時点での一株純資産が983.9円ですのでその4%(39円)くらいの配当になるのかなと思います。

今後の業績にも期待ですが、なにより株主還元の基準が大幅に引き上げられたことで星5です!

ABOUT ME
hazukei
「はずけい」と申します。 この度一児の父となりました。まだ実感はわかないのですが、猛烈に忙しくなりそうです。楽しみつつ頑張りたいと思います!