投稿者「hazukei」のアーカイブ

WordPressで投稿フォーム作成

「Contact Form 7」のプラグインをインストール

「プラグイン」のメニューからインストール

フォームの作成

「お問い合わせ」-「新規追加」をクリック

「タイトル」を入力、画面には表示されないので自分がわかればOK

「フォーム」タブでフォームの内容を作成

「メールタブ」でメールの内容を作成

ページに貼る

フォームを保存すると貼り付け用のコードが発行されるので、張りたいページに「カスタムHTML」で張り付ける

テスト

自分でフォームを使って送ってみる。

これ大事。メールの内容がおかしかったりするので

提案書作成時のポイント

提案書とは

顧客の抱える問題を自社製品(サービス)を活用し解決できることを提案する物

「現状」と「あるべき姿」がありどうやって、両者を正確に把握し、ギャップを埋めていくかが大切

伝える⇒伝わる⇒理解する⇒納得⇒腹落ち(共感)⇒買ってもらう。理論と感情が大切

ポイント、注意すること

・意思決定者になるべくあっておくこと
・現場の一部などにヒアリングしただけだと、全社的な視点が欠けてしまう。現場、経営者、現行システムなど、全体を俯瞰した視点からニーズを把握すること
・システムを入れるのがあるべき姿ではない、課題を解決することが大切
・結論、ゴールがはっきりしていること
・図を用いて、なるべく文字を減らし一目でわかるようにする
・全体の見栄えに統一性を持たせる
・何が言いたいかをはっきりと書く
・よくわかっていない人にも理解できるように書く
・筋道だった流れがあること
・読み手を意識して書くこと
・説明した人だけでなく社内回覧されることも考える、経営者に向けた記載も盛り込むと良い

提案書作成のステップ

1.顧客のニーズをヒアリングし、整理する

全体を俯瞰してみて、顧客のあるべき姿を明確にする

2.ニーズを踏まえて、どのような提案をすべきか趣旨を決める

伝えたい内容は一つに絞り、何が実現できるのかを伝える

3.わかりやすく表現する

簡潔であることが重要

文章は、端的で、わかりやすく相手に興味を与える表現であること
1文40~50文字まで
箇条書きが基本

日付、数値など具体的な情報を盛り込む

主語と述語は必ず対応させる

図解は、適切な図解を用いてわかりやすいこと

カタカナ語は最小限に

使わない方がいい言葉、きれいだが意味をなさない

・明確化する
・徹底する
・極力
・フォローする
・速やかに
・努力する
・なるべく
・調整する

図解でわかりやすく

イメージのずれがなくなり、よりスムーズに正確に情報の共有ができる

両矢印(⇔)などは、相互作用、対立など、意味を取り違えて理解されてしまう可能性がある。その場合は、図解と文章で補完し合うことを意識する

枠を利用する、四角囲み、各丸四角囲み、丸囲み(あまり使わない方がいいが、他の囲みと違う意味を持たせるのに利用する)

線の太さ、太線で協調、点線で補足、薄線で他の物との区切りを示す。

矢印で関係性を表現する(線の太さや、種類で意味合いを持たせる)

マトリックスを使ってわかりやすく
縦軸と横軸を用意し、要素を座標に表現することで、優先順位や比較がやりやすくなる
比較対象ごと、評価指標ごとに〇、△、×をつけて、点数化すれば比較検討が一目瞭然になる

グラフを使ってわかりやすく
折れ線グラフ(複数項目の時間経過を同時に表現できる)
棒グラフ(各項目を比較し、差を明らかにするのに適している)
円グラフ(構成要素と、要素が全体に占める割合を伝えられる)

4.レイアウトを整える

役割ごとに、位置、フォント、文字サイズを統一させる。
文字寄せは統一する

例)タイトルは30pt、見出し24pt、小見出し20pt、本文16pt

各スライドの開始位置を揃える

人の視点は、「Z」を書くように移動する。その流れに沿って要素を配置する。

提案書の構成

1.表紙、タイトル

2.目次、アウトライン

3.課題、趣旨、ゴール
  提案で実現できることを明確にする。
  相手にとって価値のあるゴールを設定する

4.提案内容の全体像
  提案全体が理解できるように概要を3~5枚程度にまとめる

5.提案内容、詳細

6.特徴、アピールポイント

7.実績

8.具体的な実行プラン

思考法、テクニック

理論的であるためには

・明確な主張があること(何が言いたいのか?、どうしたいのか?)
・主張の根拠があること
・論拠が正しく主張を支持していること(ちゃんとつながっていること)
 相手の立場に立って、主張と論拠を相手が共感できるようにする
 Point⇒Reason⇒Example⇒Point

論拠はMECEを意識する、お互いに、ダブらず、全体を、もれなく(ジグソーパズルのイメージ)

論理の展開として、下記2パターンがある
・結論を話して、後から理由をつけるパターン
・理由を並べて、最後に結論を出すパターン

金持父さん貧乏父さんの考え方

『金持ち父さん貧乏父さん』はロバート・キヨサキ氏の著書で、全世界で2,800万部を超える大ベストセラーとなったお金に関する本である。


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)


この本では、貧乏だった実の父と、金持ちになった友人の父親の考え方の違いと、その考え方の違いがどういう結果をもたらしたのかが書かれている。 今回はその考え方をまとめてみた。

ラットレース

ラットレースとは、回し車の中を必死で走り続けるネズミの様子を表しており、これこそが貧乏父さんの考え方だとされる。

働き、お金を稼ぎ、使う、収入が上がれば、家を買ったり、車を買ったり、生活レベルを上げることができる。収入が増えた分、支出も増えるので(回し車の中のネズミのように)ますます頑張って働く必要がある。

多くの人は、お金持ちになるには収入を増やす必要があると考えるがこれは間違いだ。年収1千万を超える人でもお金が無いというのは、給料が高い分、家、車、交際費、ぜいたく品、教育費等にお金をかけて支出も同じように増えるからだ。ラットレースにはまってしまっている。

間違った幻想

お金持ちになるには、「まず、いい大学に入って、いい会社に入って、昇進して…」という考え方が常識とされている。だがこれは危険な常識だ。年収をいくら増やしてもラットレースにはまっていたのではいつまでもお金持ちにはなれない。

親の世代は、給料が上がり続け年金ももらえるのでまだ良かった。私たちの世代でこのラットレースをやっていたのでは未来は暗い。年金があてにならない今、定年までに老後の資金をためられるだろうか。

働く、稼ぐ、使う、というラットレース以外の考え方があることを知らなければならない。一生、お金の為に働き続けなければいけないというのは幻想である。

お金持ちになるには

資産を持つ

お金持ちになる方法は、資産を持つという事だ。資産から、不労所得を得ることだ。働いた対価として入ってくるお金の流れ以外に、資産から流れてくるお金の道を作り、これを大きくしていくことが必要となる。

ここで重要となってくるのは資産の定義である。著者の定義では『自分のポケットにお金を入れてくれるのが資産、ポケットからお金を取っていくのが負債』となる。普通の考え方ならば持ち家は資産だが、著者の定義に従えば、ローンや税金、修繕費でポケットからお金を取っていく持ち家は資産ではなく、負債という事になる。

自分のポケットにお金を入れてくれる資産には、不動産、株、証券、著作権、特許、ビジネスなどがある。今の仕事をつづけながら資産を増やしていくことが大切だ。

もし、今が月収20万円の場合、資産を増やして月に20万の不労所得を得られるようになれば、もはや働く必要はない、ラットレースを抜け出したと言える。不労所得をさらに増やして、ローンを払う余裕ができれば、そこで初めて家や車を買えば良い。

法律を知る

法律を知っている人と、まったく知らない人では雲泥の差がでる。

ラットレースを抜け出す一番いい方法は自分のビジネスを持つことだ。普通の人のお金の流れが「1.稼ぐ、2.税金を払う、3.使う」なのに対して、会社を持つ金持ちの方は「1.稼ぐ、2.使う、3.税金を払う」となる。累進課税では、稼げば稼ぐほど税率は高くなるので使える額に大きな差が生まれる。自分でビジネスを持っていれば、様々な法律の制度を利用して得をすることができる。雇われている限りそれらはほとんど利用できない。

また、自分でビジネスを持つ場合、自分が法律の詳細を知る必要はない。概要だけ知っておいて後はその道の専門家を雇うのが賢いやり方だ。専門家にはたっぷりと報酬を支払うことを心がければその次もいい仕事をしてくれる。

思い込みをぶっ壊す

現代の教育は、良い従業員を育てるための教育である。そのため、お金に関する知識『ファイナンシャルリテラシー』が圧倒的に不足している。お金の事ばかり考えるのはあさましい、と思い込んで思考を停止すれば成長しない。脳は筋肉と同じなので使うことで成長する。

「お金持ちになるには、良い大学を出て、良い会社に入る」「投資信託は安全だ」「分散投資すれば大丈夫」などは幻想であり、このように考えるのは、ファイナンシャルリテラシーが低い証拠だ。

「自分は貧乏のままだ」と思えばそうなるし、「一生働かなくてはならない」と思えばそうなる。自分の頭で考えている思い込みが現実を作るのだ。ファイナンシャルリテラシーを高め、思い込みをぶっ壊して自分の人生を自分で作る必要がある。

経済セミナーメモ

メモ

・テクノロジーが入ると社会が変わる。
 ポケベルで公衆電話に並んでいた、携帯ができて待ち合わせ場所を選ばなくなった。

・50年スパンで先を読むことが大切。

・コンドラチェフサイクル-70年周期
 70年周期で大きな変革が起こる
 1716年:享保の改革
 1787年:寛政の改革
 1868年:明治維新
 1945年:終戦
 2015年:テクノロジーの爆発的進化、日本の財政不安

・今起こっている社会の変化、これから起こる変化、同じニュースを見てもわかっているのといないのでは見え方が全く違う。
 だまし絵は、見る人によって見え方が全く違う。一度見えてしまえば見えなくなることはない。

・これからの日本は、超高齢化社会で人口が減り続ける。東京でさえも自治体を維持できないほどに人が減る。人口が急降下する。
 サラリーマンは、昇給がなくなり、ボーナスもなくなり、退職金もなくなる。

・日本のマーケットは間違いなく急速に衰退する。
 海外のマーケットに売っていかなければならない。

・円安で日本は観光の国になる。かつて日本が海外の物価が「安い」と思ったように、今の日本は海外から見て安いと思われている。

・世界の富の半分を、超富裕層の1%が所持している。世界の富の8割を、富裕層の2割が所持している。残りの人でそれを分け合っている状態。
 インフレでモノの値段は上がっているしこれからも上がり続ける(一見値段は上がっていない場合も量を減らしている)。給料は上がらない。普通でいるという事は、生活水準を下げることになる。

・政治は何もしてくれない。
 未来の世代のことを考えた政策に切り替えれば、今の有権者の不利益になるため選挙では勝てない。
 終身雇用はなくなり(トヨタも経団連も言っている)、年金は不足する。
 政府はわかっているが情報を出せばバッシングされるので積極的に出せていない。

・アメリカでは、金持ちだけが住める街ができて、スラムと壁で隔てられるという事が起きている。金持ちの町では公共サービスが素晴らしくなり。金持ちが税金を払わなくなったスラムでは、学校さえ維持するのが難しくなっている。他の州でも同じような動きがある。

・歴史から見るリーダーの条件(竹中平蔵)
 自分の頭で未来を見通す。ステークホルダーに語れる。他の人と違うことをする。

・2015年は〇〇元年という言葉が多く使われる。ドローン、AI、再生医療
 15年前は、iPhone、ツイッター、youtube、今私たちがメインで使っているようなものは何もなかった。
 さらにその15年前は、インターネット、携帯がなかった。
 テクノロジーの進化のスピードは約なり続ける。これまでの技術進歩よりさらに速い速度で新しい技術が生み出され世界が変わっていく。

・未来では、3Dプリンターで設計図をダウンロードして、自宅でなんでも作れるようになる、工事現場では遠隔操作するので人がいらなくなる、ドローンが配達を行うようになる。
 人工知能が結婚相手を探してくれる。電話や、テレビで香りを届けられる。簡単な手術はロボットがやる。ナノマシンが体内に入り、ウィルスの侵入を教えてくれる。ガンの早期発見をしてくれる。若返りの薬ができる。人工臓器を3Dプリンタで作れる。

・今ある仕事の70%はコンピュータにシフトする。

・これからの時代に大切なのはアウトプット、考えて発信することが重要になる。

・一生懸命やるだけではダメ、ちゃんと理解して努力しなければ結果には繋がらない。

・マインドを磨くことが大切。見えている部分(木でいうと幹、枝、葉)はすなわちスキル。5年後には様変わりする。見えていない部分(木でいうと根)がマインド、20年以上前に発売された本が売れるように時代が変わっても不変なもの。まずは、木の根(マインド)をしっかり張ってから枝葉(スキル)を積み上げていくことが重要。

・環境を変えることが大切。つるみの法則、つるむ人によって同じような人間になる。
 夢、事業の話、前向きな話をしている環境ではそのようになる。
 愚痴、不満、悪口を言う仲間とつるめばそのようになる。

・小象の足紐の法則、私たちは周りと違うことをしないように教育されている。

・カマスの法則、周りの環境を変えることで自分自身も変わることができる。

感想

見えている人には、自分たちとは全く別の現在、未来が見えている。今、自分が見えていない人間という事はすごく危険なことであると感じた。

今の時代、大切なことは目では見えない、頭で見るしかない。頭で見るためには、そうあるように考え続け、アウトプットすることが重要。

アマゾン、googleなどは少し前にはなかったが現在は大企業となっている。急速に変化する社会の中で今からスタートすることは決して遅くない。まだ大きくないという事が強みになる時代が来る。

エクセルマクロのメモ

セル操作

'セル領域をクリア
Range("A10:B10000").Clear
'別の書き方
'Range(Cells(10, 1), Cells(10000, 2)).Clear

シート操作

CSVファイル読込

'------------------------
'CSV読込
'------------------------
Function readCsvUser(fileName As String)
    Dim ws As Worksheet

    'ファイルがない場合はエラー
    If Dir(ThisWorkbook.Path & "\" & fileName) = "" Then
        MsgBox ("ファイルがありません。")
        End
    End If

    '古いシートを削除
    If (IsExistWorksheet(workSheetName)) Then
        Application.DisplayAlerts = False
        Sheets(workSheetName).Delete
        Application.DisplayAlerts = True
    End If

    'CSV読込(外部モジュール)
    Set ws = ReadCSV.ReadCSV(Filepath:=ThisWorkbook.Path & "\" & fileName, _

TextColumns:="1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24
,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43,44,45,46,47,48,49"
)
    'シート名変更、移動
    ws.name = workSheetName
    Worksheets(workSheetName).Move After:=Worksheets("Sheet1")
End Function

シート名存在チェック

'------------------------
'シート名存在チェック
'------------------------
Function IsExistWorksheet(name As String)
    Dim ws As Worksheet
    For Each ws In Sheets
        If ws.name = name Then
            IsExistWorksheet = True
            Exit Function
        End If
    Next

    IsExistWorksheet = False
End Function

ロジック

バリデートチェック

'------------------------
'ログインIDチェック
'------------------------
Function validateLoginId(data As String)
    '値存在チェック
    If (data = "") Then
        '値なし
        Exit Function
    End If
    '桁数チェック
    If Len(data) <> 7 Then
        '桁数エラー
        Exit Function
    End If
End Function

全角半角判定

'------------------------
'全角、半角チェック
'1:全角、2:半角、3:両方ある
'------------------------
Function judgementFullHalfWidth(data As String) As Integer
    Dim dataLen As Integer
    Dim dataLenB As Integer

    dataANSI = StrConv(data, vbFromUnicode)
    dataLen = Len(data)
    dataLenB = LenB(dataANSI)

    If (dataLen * 2) = dataLenB Then
        judgementFullHalfWidth = 1
    ElseIf dataLen = dataLenB Then
        judgementFullHalfWidth = 2
    Else
        judgementFullHalfWidth = 3
    End If

End Function

マスタ存在チェック

'マスタ存在チェック
Dim master As Range
Dim search As Range
Dim masterLastRow As Integer
'マスタの最終行を取得
masterLastRow = Range("B1").End(xlDown).Row
'マスタの検索範囲を設定
Set master = Sheets("マスタA").Range("B3:B" & masterLastRow)
'完全一致で検索(部分一致の場合は「xlPart」)
Set search = master.Find(data, LookAt:=xlWhole)

'有無の判定
If search Is Nothing Then
    MsgBox (search.Row)
End If

その他

ボタンを挿入する

「開発」タブ-「挿入」-ボタン

subとfunctionについて

sub:戻り値がない
function:戻り値がある

Wordでマニュアルなどを作成するときのメモ

目次の追加

「参考資料」「目次」を押下し自動作成する目次を選択する

ページ番号の表示

フッター部をダブルクリックして「デザイン」タブを開く
「ページ番号」から好きなスタイルでページ番号追加

先頭ページにページ番号を出さない

フッター部をダブルクリックして「デザイン」タブを開く
「先頭ページのみ別指定」にチェック
「ページ番号」-「ページ番号の書式設定」を開き、開始番号を0にする

起業のための学習(ビジネスアイディアを生み出す)

まず、起業のために大切なこと

・同じ同志とお互いに助け合う←超重要
 相手を応援するとアイディアがわいてくる
 仲間が50人分いれば、×50人分の力になる!
 一人で、会社のすべてはやり切れない、役割分担が大切

・実行がすべて、実行しなければ意味がない
 どんな素晴らしいアイディアも実行しなければ意味がない

・ビジョンを持つこと、だれがどのように幸せになっているか

アイディアを生み出すコツ

ポジティブ思想

・脳をポジティブにする、目の前のことをポジティブに考える
 ワクワク、ニヤニヤ、ムフフ

事業を企画するときは、WhatよりもWhyを考える

・何をやるのか考える前に、なぜやるのかを明確にする
 自分のミッションを作り、紙に書くのが何よりも大切
 ミッションがないと、1歩目を踏み出してもその先が続かない

・ミッションとは、誰にどのような方法で、どんな幸せを与えるのか

・ミッションに共感した仲間との相乗効果が得られる
 ミッションがないと、仲間とのつながりが希薄になる。例えばお金のつながりなど

・想像力の源はミッションにあり!

アイディアの出どころ

・好きなこと、得意なこと

・自分の体験に基づいた発想

・身の回りのでき事、問題意識

・社会に対する疑問問題解決
 ゴミの問題、過疎化など

・すでにある商品、サービスを改良

・失敗をチャンスに変える
 ポストイット

アイディアの原則

・アイディアは記憶と記憶の組み合わせ、アイディアの数は記憶のストック
 誰でも、長期記憶(潜在意識)(無意識の記憶)はそれなりに数はある。

・アイディアがうまく出せない人は、記憶同士をうまくくっつけられていないだけ

・アイディアの筋肉は使うことで強くなる、ミッションを持つことがより効果的

アイディアを生み出す場所

・寝起きがいい、寝る前に課題を与えて、起きてボーっとしているときに思いつく

・お風呂の中

・トイレの中

・高速道路を運転しているとき

アイディアを生む手法

・SCAMPER法
 子供がスキップするようにSCAMPERチェックリストをチェックする
 チェックした項目についてじっくり考える
 ・色や形をかえたら?、代用品は?、似たようなものは?等

・ブレインストーミング

・ワールドカフェ
 グループごとに話し合いを行い、途中で1人が他のチームのメンバーと入れ替わる

・ブレークスルー発想法
 極端に考える

・ストーリー思考法
 テーマとは無関係に勝手に物語を作る

新しい思考法、スーパーブレインストーミング

1.メンバーはなるべく異質の人が良い

2.3分考えてとにかく数を出す、短い言葉で
 細かいことは考えない

3.一人ずつ、自慢げに発表し、みんなで「いいね」する
 発表もワンフレーズで。説明しない。

4.2と3を何回も繰り返す。どんどん良い意見が出るようになる。

まとめ、大切なこと

ミッションを決める

誰に、どんな方法で、どんな価値を与えるか

ビジョンを決める

最終的にどうなりたいのか

ポリシーをきめる

ビジョンを実現するために守り通す約束、行動規範、新年

創造性を高める環境づくり

・デスクに子供の時の写真をはる

・ホワイトボード常備

・自分のミッションを象徴する物
 フィギア、写真、小物を準備

・観葉植物、BGM

・デスクに想像力を掻き立てるおもちゃ
 レゴ、クレヨン、パズル

アイディアを生む創造的姿勢

1.あらゆる出来事をチャンスととらえる
  プラス受信、ポジティブ思考

2.強いミッション(使命感)と信念

3.圧倒的に行動する

4.心地よいエリアから出る(他業種、他業界)

5.脳の仕組みを利用する
  わくわくする、姿勢、動き

【知識ゼロから】簿記3級に合格したので勉強方法などをメモ【一発合格】

勉強方法

勉強時間

勉強時間は合計で60時間くらいです。

・1日1時間 × 50日 = 50時間
・電車の中でテキストの復習:5時間
・前日の追い込み:5時間

テキスト、問題集


スッキリわかる 日商簿記3級 第10版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)


スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2019年度 (スッキリわかるシリーズ)

勉強方法

1.テキストを頭から全部やる

2.テキストについている問題集を全部やる

3.問題集の予想問題を3回分やる

ポイントや、反省点

毎日1時間ずつコンスタントに勉強できたのは良かったと思います。一度では仕訳を覚えられず時間もかかりますが、問題に入ってから何度もやることでどんどん上達します。

今回は出題範囲が変わるということで、あえて過去問を飛ばして予想問題集をやりました。予想問題はすごく難しく、時間も足りないと感じたのですが、どうやら、本物の試験よりも難易度高めに作られているそうです。

いきなり、予想問題は難しいので、過去問からやるのがいいと思います。

前日のラストスパートはかなり効いたと思います。試験1回分くらいを時間を測りながらやりました。

当日の感触

(予想問題をやっていたので)めちゃくちゃ簡単じゃんと思いました。問1、3、5でしっかり点を取る作戦だったのですが、2と4もかなりできた手ごたえがありました。

問3は、最初に合計を検索したときには、(案の定)結果が合いませんでした。勉強していたときも、一度で合うことはめったになかったので、気にせず先の問題に進みました。

問5も数字が合いませんでした、焦りまくって、問3と5を何度も往復しましたが、結局どちらも数字は合いませんでした。。

簡単だとは思ったのですが、数字が全然合わなかったので、合格する確率は半々くらいかなという手ごたえでした。

結果

合格しました!しかも95点です!