スポンサーリンク

仕事でうまく話せないので、現状を分析して改善してみる

現状分析

できること

文章の作成は問題ない。

部下への説明も問題ない。

できないこと

上司や顧客への説明がうまくできない。

特にとっさの質問に弱い。

どうなるのか

頭の中で話すことがまとまらない。

まとまらないまま、話し出すので、支離滅裂になったり、矛盾したことを言ったりする。

ひどいときは、頭が真っ白になる。

「自分でも、何言っているのかよくわからないな」となる。

高圧的な人や、慣れていない人に対してなりやすい。

原因を考えてみる

言葉使い(敬語)に気をとられすぎている。

話すことに苦手意識が出てしまっている。

気を悪くさせたり、失礼なことを言わないように気を使いすぎている。

すぐに話さなければいけない気がして、考えがまとまらないまま話し出してしまっている。

短期記憶が弱い気がする。相手の質問にとっさについていけない。

改善に向けてやってみる事

話が苦手なことを気にしないようにする。

相手に気を使いすぎない。

間を恐れずに考える。「ちょっと待ってください」のように伝えて時間をもらう。

話すことから逃げない。何度でも失敗する。

タイトルとURLをコピーしました